オススメリンク

地中熱利用システムを利用するならこちらに相談してみましょう
http://www.chisui-energy.jp/

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

方法やメリット

地中熱利用
地中熱を利用するためのシステムには、地中熱ヒートポンプが用いられます。
ヒートポンプというのは温度の低いところへ温度の高いものからの熱を移動させる仕組みのことを言い、地中熱利用の際には、使用した電力の4倍の暖房エネルギーを作ることが可能といわれています。
地中の温度は空気に比べて極めて安定しているために、一年を通じて安定したエネルギーとして活用でき、基本的のどの地域でも設計施工し利用することができるシステムでもあります。

一般的な採熱方法
地中熱を利用するための採熱方式には大きく二つの方法があります。
ボアホール方式は、地中に100~150m程度のボーリングを行い熱交換用のチューブを挿入する方式です。
北欧をはじめ日本でも一般的な方法で、年間を通して安定して際熱できるメリットがあります。
また設計施工事例も豊富で信頼性にも優れている方法です。
水平ループ方式はボーリングを必要としないメリットがありますが、設計施工のために広い敷地が必要であることと、日本での実績が少ないというデメリットがあります。

地中熱のメリット
地中熱は季節や昼夜を問わず安定して利用できるというのが最大のメリットです。
暖房時には外気よりも高い地中熱を利用し、冷房時にはより冷たい地中の温度を利用するために、高効率であることもメリットといえます。
また冷房時に熱交換機などから放熱する必要がないので、ヒートアイランドの抑制などにも貢献できます。
使用電力も少なくて済みますから、電気料金の節約にもつながります。
一般的なボアホール方式であれば、設計施工事例が豊富なため、お住まいの地域でどれくらいの効果が期待できるのかもあらかじめわかりますから、よく検討して導入することをおすすめします。

地中熱とは

 地中熱というと、地熱発電のように地中の熱い熱を利用すると思われるかもしれませんが、ここでいう地中熱というのは、地下数メートルの地中と地上との温度差のことを言います。
たとえば東京では冬の最低気温は0度近くですし、夏は30度を大きく超えますが、地下10メートルの地中では年間を通じてほぼ年平均気温程度、東京なら17度程度で一定しているといいます。
地中熱とは地上の気温とこうした地下の温度との差を言うのです。

地下との温度差を利用
 たとえば、夏に部屋の空気を地下と置き換えたら17度になりますし、冬も暖房している部屋の温度はおおむね17度くらいですので、地下の温度を持ってこれれば冷暖房は不要になってきます。
もちろんここまで効率よくはいきませんが、少なくとも地中熱を利用することで、冷暖房に要するコストを大幅に節減することができるといわれています。
こうした地中熱を利用したシステムには様々な方法があり、かなりの工法が設計され、既に商品化されています。

様々な工法がある
 具体的にはヒートポンプ方式、ヒートパイプ方式、空気循環方式、水循環方式などをもとにして様々なものが設計されています。
いずれの製品も巧みな設計で、地中熱をうまく利用しているのですが、それぞれに長所、短所があるのが実情です。
Webをさがすと、こうした地中熱利用システムの設計施工を行う業者がありますので、コストや設計思想、冷暖房効果などをしっかりと聞いて、自分の目的に合ったシステムを選ぶといいのではないでしょうか。